IPVanishキルスイッチ

VPNプロバイダーには自慢できる機能がたくさんあります。 IPVanishのように、一部の自慢は単なるショー用です‘s “世界’sベストVPNサービス” スローガン。他の人は持っているのはいいが、持っていない “生きるか死ぬか” 重要– Linux用アプリのように。ただし、一部は強制終了スイッチのように必須です。そして、私たちのIPVanishレビューは’t VPNを非常に高く評価した’1つあります。しかし、それはどのようなキルスイッチであり、それは正確に何をしますか?


IPVanishにはどのようなキルスイッチがありますか?

一部の無料VPNにはキルスイッチもありますが、有料サービスの場合、これは必須の機能です。それ’これは、接続が失われた場合の安全策として機能し、誰もがあなたの本当の姿を見ることができないためです。キルスイッチは、VPN接続の失敗を検出すると、インターネット接続(またはその一部)を強制終了します。.

VPN業界では、2種類のキルスイッチが使用されています。システムレベルの強制終了スイッチは、インターネット接続の管理者権限を引き継ぎ、そこですぐに切断します’個人データの漏洩を防ぐための問題。アプリケーションレベルのキルスイッチにより、ユーザーはより詳細に制御できます。VPN障害が発生した場合に、シャットダウンするプログラムと動作を継続するプログラムを選択できます。.

IPVanish killスイッチは両方の組み合わせです。システムレベルの強制終了スイッチがあり、Windowsユーザーがローカルエリアネットワークの例外を追加することもできます。より高度なユーザーがVPNをカスタマイズできる方法を制限しますが、すべてのユーザーにシンプルで信頼性の高い保護を提供します。確認する必要があります’オンまた、IPVanishを使用し、アプリケーションレベルの強制終了スイッチとして機能するVPN WatcherやVPNetMonなどのサードパーティソフトウェアを使用できる特定のアプリの接続を維持したい人.

IPVanish VPNが切断される原因?

ルーター

VPNは、安定した信頼できる接続を提供するために構築されています。しかし、これは時々失敗することがあります。その背後にはいくつかの一般的な理由があります:いくつかはあなたに知られているかもしれませんが、他は知られていないかもしれません.

1つ目は、ファイアウォールとルーターの設定です。ウイルス対策、スパイウェア対策、またはその他のセキュリティソフトウェアを無効にすることが役立つ場合があります。そのため、例外としてVPNネットワークを追加できます。ただし、ほとんどの場合、ファイアウォールまたはサイバーセキュリティソフトウェアは、VPNを後で切断するのではなく、最初に接続することを防ぐ必要があります.

VPN接続がドロップするもう1つの一般的な原因は、選択したプロトコルと不安定なインターネット接続の組み合わせです。場合によっては、TCPを使用すると、デフォルトのUDP設定と比較してより安定した結果が得られます.

Wi-Fi信号が弱い場合、またはそこにある場合’■トラフィックの負荷が高い場合、データが失われる可能性があります。これらの状況のいずれかは、VPNには大きすぎる可能性があります。たとえ信号が大きい場合でも、あなたは’空港や混雑したコーヒーショップで、VPN接続が失敗することがあります.

これらの考えられる原因が積み重なって、問題がより複雑になることがあります。その場合、私たちは’d IPVanishライブサポートに連絡することをお勧めします–トラブルシューティングを支援できるはずです.

IPVanish killスイッチをオンにする必要がある理由

一部のユーザーは、なぜキルスイッチが必要なのか疑問に思うかもしれません。そのため、キルスイッチなしで、またはキルスイッチをオフにしてVPNを使用することさえ考えないようにするための少なくとも3つの理由があります。.

第一に、雇用主がVPNの使用を要求している場合、接続が切断されたときにデータが公開されることも避けたいということです。ほとんどの場合、キルスイッチは職場のコンピューターで事前に構成されますが、’それをチェックするのは常に良い’まだ.

別の理由は、コンテンツをダウンロードするための法的結果を回避することです’sあなたの国では完全に無料または完全に許可されていない。これは、たとえば旅行中に深刻な問題を引き起こす可能性があります。ダウンロードの途中で接続が切断された場合、当局はIPアドレスやその他の漏洩情報を簡単に確認して、あなたを追跡できます。.

第三に、そこに’一般的なセキュリティの問題。ハッカーはデータを盗むことはできないと考える人もいるかもしれませんが、予期しないVPN接続のドロップにより、このようなイベントが発生する可能性が高くなります.

これらすべての理由が説明されているので、’デジタルドアをあらゆる種類のリスクにさらすことに意味はありません。そしてそれ’キルスイッチが組み込まれているため、IPVanishを使用して簡単に閉じることができます。確認する必要があります’常にオン.

IPVanishクライアントのキルスイッチがオンになっていることを確認する方法

IPVanish killスイッチがオンになっているかどうかを確認するには、次の簡単な手順に従ってください。手順は、現在この機能をサポートしているWindowsおよびMac OS Xバージョン用です.

WindowsでIPVanishキルスイッチをオンにする

IPVanishキルスイッチ

  1. プログラムを起動し、アカウント認証情報を入力します
  2. クリック 設定 左側のオプション
  3. を選択 接続 タブ
  4. クリック 緊急停止装置 チェックボックス
  5. したいかどうかを選択します LANトラフィックをブロックする VPN障害の場合

macOSでIPVanishキルスイッチをオンにする

MacのIPVanishキルスイッチ

  1. メニューバーの上部にある[IPVanish]をクリックします。
  2. 選ぶ 環境設定
  3. を選択 接続 タブ
  4. クリック 緊急停止装置 チェックボックス

IPVanishクライアントでキルスイッチをオンにする際に問題が発生した場合は、24時間年中無休のライブチャットサポートにお問い合わせください。.

Brayan Jackson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me